ノアという車種について徹底調査!

トヨタ自動車最大のベストセラーといえるミニバン型乗用車ノアの歴史と他の車種と比較したときの特徴。

ノアという車種について徹底調査!

ミニバンの車種を代表するノアの歴史や特徴

ノアは、トヨタ自動車が生産開始した最大8人乗りのミニバン型乗用車の車種名で、トヨタ自動車の事実上のベストセラーとまで言われています。
1996年ミニバンブームの真っ只中、タウンエースワゴンがモデルチェンジし、ライトエースと統一名称であるノアとして初めて登場しました。
車名の由来は英語で、優しい語感の人名を表し特別な意味はありません。よくノアの方舟のノアとも関係しているという噂もありましたが、それも関係ありません。タウンエースは、フロントエンジン・リアドライブ駆動で商用車仕様も存在をしていましたが、差別化をするために新たにフロントエンジン・フロントドライブ駆動のプラットフォームを採用して乗用車となりました。
さらに、トヨタネッツ店舗から、旧来の姉妹車ライトエースもヴォクシーとして新たに発売されました。
ヴォクシーはスポーティーさを強調していますが、ノアはファミリー向けの仕様となっているのが特徴です。

当初は、ファミリーカーとして3列シートのミニバンの特徴を生かし、子供を持つ30歳代から40歳代の間にヒットした車種です。

しかし、最近ミニバンの販売シェア数が全販売台数の4分の1にもなる売り上げを誇り、ファミリー向けの仕様として作られたノアも20歳代や50歳代などの幅広い年齢層の売り上げが増加しています。

他のミニバンの車種と比べ、ノアの一番の特徴は、四角いボディデザインの車体です。
デザインは、アドバンスド・キュービック・スタイル。日本語にすると、新しい感覚によって考えられた四角い箱のカタチというテーマで作られています。
テーマ通り、見た目は本当に真四角です。

しかし、四角に追求しすぎず、味気ないスタイルを作ることなく、四角いボディの断面にして、限られたサイズで車内容積を最大限に確保しているのがトヨタ自動車の特徴です。

オススメワード

Copyright (C)2017ノアという車種について徹底調査!.All rights reserved.